活動紹介

tree

トップメッセージ更新!「うちのばあちゃん、まだ生きてんのかなぁ。」(2010.10.1)


 うちのばあちゃん、まだ生きてんのかなぁ。


戸籍上まだ生存しているとされる100歳以上の高齢者が急増しています。


その実在しないすべての高齢者が、公的年金等を受け取っていたとしたら大変なことですが、それは報道されるごく一部に過ぎず、ほとんどの高齢者は、亡くなっても亡骸を引き取る親族の方が現れない、独居老人の方々でしょう。

しかし、このような「無縁社会」の到来は、「個」の「権利」意識の高まりと無関係ではないような気がします。


「権利」の主張も、それを受け止める側の相手、組織、社会があればこそ。

お互いに関りあって生きていかざるを得ない 私たち一人ひとりの「権利」の実現のためにも、知識情報を詰め込むだけではなく、まずは、たくさんの「ご縁」を大切に育んでもらいたいものです。


2010年 10月1日
司法書士 谷口 貴