活動紹介

tree

トップメッセージ更新!「過払い金返還請求」(2010.3.1)


「最近、司法書士は儲かりますね。」


過払い金返還請求の集客広告や、テレビCM、脱税の報道等を受けての、お客様の反応と思われます。


確かに、過払い金返還請求業務は、ひとつの時代を造るビジネスとして成長しました。店舗を構える必要がない。運転資金を必要としない。設備に投資する必要がない。人を雇う必要がない。すなわち、資格さえあれば始められるから、業者が乱立し、宣伝広告合戦となってしまうのはむしろ当然の成り行きでしょう。


しかしながら、1件1件、一人一人の事情を汲み取って方針を決め、和解交渉をしていく過程は、大々的に宣伝して集客していく気持ちになれる程、簡単なことではありません。知識、情報の集積及び分析、預かり金の管理、従業員の管理育成、そして、これからどのように展開していくのか、経営する立場に立てば当然求められる「職業理念」が必要となります。


過払い金返還請求業務は、債権者と債務者との契約関係、さらには、消費者金融の淘汰という社会構造まで変えてしまいました。その責任を担う職務を確実に全うしているのかどうか、非常に疑問が残ります。


2010年 3月1日
司法書士 谷口 貴