バツイチ友の会

バツイチ友の会 経験談

20代 会社員
Kさん

妻からの離婚訴訟に慰謝料1,000万円請求された。実際に出た判決でも、「300万円を支払え。」と。男としての任務をまっとうし、損害を与えた覚えもないのに、なにが慰謝料なのか。請求してくる弁護士も、判断した裁判官も信じられない。

司法書士

弁護士は、請求金額の×○割を着手金として受領するので、現実離れした金額を請求してくることは稀にあります。全部が認められるとは限らないので、ビックリしないことです。また、裁判の内容はわかりませんが、男にとって離婚には慰謝料は付き物。数百万円で離婚できればいい方かと。新しい人生を築き上げられるように精力を傾けて頑張りましょう。

30代 会社員
Hさん

私は夫の不貞行為を原因として離婚訴訟となり、慰謝料を1,000万円請求しました。携帯メールも保存、浮気現場の写真も捕らえ、証拠として提出しました。結果として600万円でした。しかし、夫はすべて否定し続けて認めることは最後までしませんでした。裁判所も何を正しいと判断して算定しているのか、最初から本当に1,000万円は請求できる金額だったのか、多少に関わらず疑問が残る結果でした。

司法書士

同じ不貞行為の事実でも、人それぞれ受け止め方も違うでしょうし、それによって負う心の傷の具合も違ってくるでしょう。それを判決という形でそれぞれ算定すること自体不可能なことだと思います。

30代 会社員
Tさん

家出した妻から、婚姻費用の分担義務の履行を求める調停の呼び出しを受けた。彼女は僕の銀行預金を持ち出して、アパートの荷物を放り出して子供連れて実家に引き篭もり、さらに婚姻費用まで請求してくる。でも調停委員からは、婚姻費用は決められた義務だから払いなさい、それ以外の言い分は別に請求しなさい、と言われた。理不尽だ。

司法書士

婚姻費用は、所得に応じて「月○○円」と決められます。それ以外は、調べてくれるわけではなく、言い分すら聞いてくれないことも多い。調停なので、納得しなければ不成立となり、審判に移行するだけですが、審判において裁判官も同じようなことを言われると思います。離婚するならその方法、子供のこと、養育費等のお金のこと、この先のことを考えて長期戦で行きましょう。

40代 会社経営者
Yさん

個人事業としての確定申告書をもとに調停において決められた婚姻費用を、月々30万円支払っていました。新規事業開拓、設備・人材投資のために経費を使い、収入が一時的に落ちてしまったことを理由に、その婚姻費用の減額を申し入れたが、調停委員から「裁判官に聞いてみたところ、自己責任だからだめでしょう。」と言われた。なんですか、「自己責任」って。何のために減額請求のための調停制度があるのでしょうか。已む無く取り下げました。

司法書士

裁判所は算定表に従って判断するほかないのが現状です。調停を通して、何とか直談判です。それしか方法はありません。

20代 主婦
Aさん

夫が生活費を入れなくなり、その他の預貯金もすべて夫が管理していたため、私は無一文で子供を連れて実家に帰ってしまいました。それを請求することも、今後の養育費すら頂けません。

司法書士

財産分与、婚姻費用、離婚後は養育費、いろいろな請求が考えられますが、それを実現させられるかどうかは別問題。弁護士を代理人にしても、調停委員に話しをしても、叶わないものは叶わない。よって、行動に移す前に、預金を引き出しておく、積立金、保険の内容を切り替えておく、大事なものは持ち出しておくなど、こんな時こそ冷静に。

40代 主婦
Fさん

夫の不貞行為による離婚なので、どう進めていってよいか相談したく、代理人弁護士に依頼しました。そして調停による話し合いとなりましたが、結局、言いたいことも言えず、取りたいものもとれず、おまけに弁護士は遅刻してくるし、こちらの代理人にも関わらずこれまでの事情を分かってもくれていない。調停は、弁護士を入れずに、調停委員に対して自分で話しをした方が話しが伝わるのではないか、と思いました。

司法書士

調停はご本人が出頭すべきですし、それで十分。社会通念として皆さんの経験談を参考にしながら、ご自分の言い分を調停委員にぶつけて下さい。

20代 主婦
Tさん

何もわからず弁護士に依頼し、60万円支払いました。結果、頼んでよかったと思える内容は1つもありませんでした。

司法書士

何がご不満なのか、内容がわかりませんが、離婚協議はまず、調停委員を交えて当事者同士の意見をお話しすることです。それに弁護士は必要ありません。代理人をたてると、離婚協議の結果ではなく、その過程に不満が残ってしまうかもしれませんね。

30代 パート
Uさん

私は、裁判所あがりの年寄り弁護士に依頼してしまいました。その弁護士を代理人として調停離婚しましたが、弁護士を入れたことによってかえって調停委員及び相手に伝わらなかったこと、そもそも弁護士が私の事情を分かってくれてなかったこと、いろいろ不満が残りました。調停には本人が行くべきで、もし代理人弁護士を立てるなら、女性の方がよかったと思います。

司法書士

DV被害、夫の不貞行為等、異性には話しづらいこともあるでしょう。男性には男性の弁護士、女性には女性の弁護士、それは正しいと思います。争う内容にもよるかと思いますが。

30代 会社員
Iさん

妻が家を出て、3歳になる長男を勝手に連れ出した。連絡しても、「都合が悪くなった。」と勝手な言い訳をつけて、会わせてもらえない。毎日でも会ってやりたいし、私の両親にも会わせてやりたい。でも、調停委員は、認めても月1回が通常だし、両親には会う権利はない、と言い放った。裁判所は最低です。

司法書士

面接交渉は、金銭的な請求とは違い、権利だとか義務だとか法律理論ではなかなか解決つきません。子供の意思もありますし、強制的に実行することはさらに困難です。あまり無理はせず、煩わしいようでも調停を繰り返し、月1回でも確実にあえるようにして、徐々に子供との信頼関係を築き上げていって下さい。

30代 会社員
Aさん

調停によって決められた養育費も、一年もしないうちに振込まれなくなりました。履行勧告もしましたが、「相手方の連絡先、住所、勤務先等が分からないと勧告できない。」と退けられてしまいました。

司法書士

裁判所は探偵ではありませんので、相手方の住所地、勤務先等を調べてくれることはありません。ただ、一生現れないことはないと思いますし、時効によって消滅してしまうことも、現実的にはあまり考えられません。1年に一度住民票を取ってみて、子供のために根気よく頑張って請求していって下さい。

20代 パート
Jさん

離婚協議書もなく、離婚届だけを提出致しました。今は、養育費すらもらえていません。相手が失踪してしまい、貰う術もなく、何ともなりません。

司法書士

離婚協議書もないと、取り立てるには、調停、或いは出席してくれなければ、裁判をする必要があります。裁判は、単なる手続きですので、相手が失踪してしまっていては、大変労力を必要とし、実際には不可能と思われます。取れる取れないは別として、離婚協議書として約束してもらうことは、絶対に必要です。「とにかく離婚したい」という場合は別として、離婚協議書を作成してから離婚届を提出することですネ。絶対に。

20代 主婦
Kさん

夫の不貞行為に耐えられず、住んでいたアパートを出てしまいました。逆上した夫は、「もう戻ってくるな。」と言い、帰ることも出来なくなり、離婚となりました。ただ、家具、電化製品、私の私物等は置いたままです。取り戻すには執行手続きが必要と言われました。離婚訴訟とはまた別にさらにお金がかかるとも。家出するときは、すべての荷物を持ってでるべきでした。

司法書士

実際に取り戻すには、相手の協力なしではとても難しい。どちらのものなのか、所有権の帰属先を確定し、それをまた執行官立会いのもと実行に移すとなると、かなりの労力が必要です。夜逃げに近い状態で家を出ることが必要ですネ。

ただ今バツイチ友の会では皆様の離婚にまつわる経験談を募集しております。

経験談を提供していただいた方にはもれなく金5,000円プレゼントいたします!

他にもさまざまな特典がありますのでこの機会にふるってご応募ください。

詳しくは バツイチ友の会キャンペーン情報へ